「流しそうめん(素麺)の竹」今年も通販!流しそうめん器(機?)より面白い!夏休みのイベント企画に!

讃岐うどん一本舗


流しそうめんの竹、通販開始しました。
今年の夏もきっと暑いから、流しそうめん三昧!
暗所に保管していただきますと今年の夏いっぱいは使えます!
夏休みのイベント企画にぜひどうぞ!

昨年、お問い合わせの多かった「流しそうめん竹セット」の使用説明書を作成いたしました。ご参考になさってください。流しそうめんの脚は基本的に何を使って頂いてもかまいません。

★★自然の竹です。ご使用の前にタワシなどで良く洗ってからお使い下さい。

流しそうめん竹用品のご使用方法解説(自宅にあるものをご利用する場合)

竹の使用方法

竹の脚をご使用にならなくても、ご家庭にある適当な高さのもののご用意が可能でしたら、上図のように竹の台にしていただいてもかまいません。竹は台にしっかり固定してください。(下の写真のような感じです)


水を出す量と、竹の傾きを調整しながらセッティングしてください。そうめんが進まなかったり、流れが急すぎて取れなくならないように(笑)
※排水の手段がある方はバケツは不要です。
※取り逃す麺がもったいないので、一応水の出口にザルをご用意していただいたほうが経済的です。


流しそうめん竹用品のご使用方法解説(竹の脚を使った場合)

必ずお読み下さい。
竹の脚は様々なご使用時を考慮致しまして、120cmの長さ(L脚)のもの、100cmの長さ(M脚)のものがあります。いづれも竹3本が1セットになっていますが、台を低くお作りになられる時は、必ずしも1つの水路に対して2セットの脚が必要というわけではありません。短く切って左の写真のような使い方もできます(固定はして下さい)。


竹使用方法

ひもで縛る箇所は、上にのせる竹が結構重みがあるので、ずれないようにしっかりと結んでください。

竹使用方法

組みあがった脚の上に、竹を上図のように載せてください。
水を出す量と、竹の傾きを調整しながらセッティングしてください。そうめんが進まなかったり、流れが急すぎて取れなくならないように(笑)
※排水の手段がある方はバケツは不要です。
※取り逃す麺がもったいないので、一応水の出口にザルをご用意していただいたほうが経済的です。

竹使用方法

「流しそうめん(素麺)の竹」販売ページに戻る

小豆島伝統のおそうめん。流しそうめんをこだわりの味覚でお楽しみ下さい。
小豆島手延べそうめんはこちらで通販しています。

小豆島手延べそうめん
小豆島そうめん